危険な成分

MENU

危険な成分

化粧品においてよく使われている危険と指摘されている成分を解説します。問題は市販の安価なクレンジングでよく使われているということです。しっかりと注意してクレンジングの成分を見ることで、自身の肌を守りましょう。知識はあなたの人生を守ってくれます。

 

まず、硫酸と書かれたものは論外と思って頂いて結構です。

 

ラウリル硫酸Na
ラウリル硫酸トリエタノールアミン
ラウレス酢酸

 

などです。こちらは界面活性剤と呼ばれるもので、メイク(油)と、クレンジング(油)を潤滑させるために使われることが多いのです。台所用の洗浄剤などにも多く含まれており、万が一目に入った場合は障害を引き起こす場合もあり、動物実験においては受精卵が死亡したとの報告があるぐらいです。薄まってるとはいえ、それを肌に乗せたらどうなるのでしょうか?皮膚が乾燥して荒れてしまいます。他にもアレルギー性があったり、炎症を引き起こしてしまう場合もあるので、クレンジング買う際には絶対に気をつけておきたい成分です。

 

現に、@コスメで人気ランキング17位のサッポークレンジングクリームはラウリル硫酸Naが含まれているのも知らずに大量に高評価の口コミをつけている方がいるのも現実です。こういったことにならないように気をつけましょう。ラウリル硫酸はSLSと表記されている場合もあり、シャンプーに含まれていることもあるので気をつけましょう。クレンジングに含まれていなくても、シャンプーの残り湯などが肌に触れて肌荒れを引き起こすこともあります。恐ろしいことに車庫の床洗浄にも使われるぐらい強力なものなので、絶対に使用しないようにしましょう。