クレンジングの種類

MENU

クレンジングの種類

ほとんど毎日お化粧をする女性にとって、クレンジングは欠かせないことは間違いありません。一重にクレンジングといってもその種類は多種多様です。クリームタイプのものやオイル、ジェル、石鹸タイプ、洗顔フォームのようなものと、様々です。しかし、厳密に定義するのは非常に難しいものです。種類の代表といえば音楽のジャンルなどでしょうか。確かに似た部分を探すのは簡単かもしれませんが、厳密には色々なジャンルがあって、このバンドとこのバンドは同じジャンルと定義するのは難しいです。クレンジングも同じで、ジェルタイプなのか、リキッドタイプなのか?はたまたオイルタイプなのかを区別することは難しいのです。なぜならばジェルでありながらオイルタイプのクレンジングも存在するからです。大切なことは使う人や使う状況や用途に応じて、変わるということです。たとえば、上記で一番洗浄力の強いものはオイルになります。ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクには効果的です。しかし、その分肌への負担は大きく、保湿力も高くはありません。それに比べ、クリームタイプのものは、洗浄力こそ高くはありませんが、保湿力は抜群です。ウォータープルーフなどの濃いメイクはせず、落ちやすいメイクにお勧めです。このように、それぞれにメリット、デメリットがあり、自分に合うものを選択することが大事です。毎日使い続けるものなので、様々な観点から選びたいですね。ちなみにスキンビルホットクレンジングジェルは、ホットクレンジングというタイプに分類されると私は思います。ジェルタイプでも良いのかもしれませんが、クレンジング部門の売上ナンバーワンが現在ホットクレンジングタイプなので、ホットという独立したジャンルをある意味獲得しているといっても過言ではありません。